4月の、はじまりの演奏など。

先週、二つの演奏がありました。

一つはアヤカちゃんと千葉でベートーヴェンのプログラムと、もう一つは哲平さんと二台ピアノのコンサート。

千葉ではアヤカちゃんとベートーヴェンのスプリングソナタ、全楽章。

一月から続いているベートーヴェンのヴァイオリンソナタシリーズも4回目になりました。

お天気も春らしくなり、満開の桜が美しい時期なので、今月は予定を変更して五番のスプリングソナタを演奏しました。(四番のソナタは5月に演奏予定。)

何度も弾かせて頂いているこのソナタなのですが、今年は特に1番から弾いてきているので、改めて見返すと、音と音の結び付きが以前より強く、意思を持ったものに感じられて不思議に思いました。

何度弾いても魅力的なスプリングソナタ。次回はまた来年の春なのかな~。

来月の四番も面白く、ゆったりたのしんでいただけるようなソナタではないかな、と思います。

(ちなみに四番と五番のスプリングはほぼ同じ時期に書かれています)

そして、

翌、6日は哲平さんとの二台ピアノのコンサート。

モーツァルトの二台ピアノのソナタからはじまり、哲平さんオリジナル含む2ステージ、沢山のお客様にお越しいただきました。

燃える二台ピアノ、というライヴ名ですし、今回は二台ピアノの面白さをもっと出し、攻めていきたい!と選曲などしました。

哲平さんのピアノは本当に変幻自在でいつもがっぷりと構えて下さり、ご一緒させていただけて、時にうなずきながら、時に面白がりながらの二時間でした。

アンコールも皆さんに楽しんでいただけたようで😁

今回三回目の二台ピアノのコンサートでした。構成してくださいましたtoiletの武さん、お越しくださいましたお客様、ありがとうございました。

次回の演奏は25日(木)のtoiletの演奏になります。

またお会いできますことを楽しみにしています。

TOMOYO




コメントは受け付けていません。